弁護士紹介

西田 理英
西田 理英

2012年 弁護士登録(第二東京弁護士会所属)

2017年 米国ニューヨーク州弁護士登録

経歴

2008年 一橋大学法学部卒業

2011年 一橋大学法科大学院卒業

2012年 弁護士登録(第二東京弁護士会所属)

2015年 カリフォルニア大学バークレー校(日本弁護士連合会推薦派遣留学)

2016年 テキサス大学オースティン校(法学修士)

2017年 ニューヨーク州弁護士登録

2021年 新宿国際法律事務所を開業

港合同法律事務所にて、刑事事件、一般民事事件、中小企業の顧問業務の経験を積む傍ら、死刑と適正手続プロジェクト(Death Penalty and Due Process Project)の活動や、死刑再審事件に携わる。

2015年に、死刑廃止のための効果的な戦略と最善の刑事弁護活動をテーマに日本弁護士連合会の派遣留学制度により、カリフォルニア大学バークレー校に留学。翌年からは、テキサス大学オースティン校ロースクールに入学し、死刑事件弁護クリニックに所属して米国における死刑事件の弁護活動に携わるとともに、死刑制度と憲法を研究テーマとしてLL.M.(法学修士号)を取得する。

帰国後は、都内法律事務所を経て、Vanguard Tokyo 法律事務所に所属し、英語を生かして、外資系企業を顧客とした国内での民事訴訟、労働法務、企業の社内不正調査や危機管理対応の経験を積む。
2019年に独立し、刑事事件と民事訴訟案件を中心に英語と日本語でリーガルサービスを提供。

|所属団体|

死刑と適正手続プロジェクト(Death Penalty and Due Process Project)

|活動|

京都・龍谷大学シンポジウム「死刑と適正手続」~再審査なき死刑執行(Execution without Review)を考える(http://www.ryukoku.ac.jp/nc/event/entry-1727.html

|執筆等|

「死刑制度に関する憲法論を再考する意味――政策論から法律論へ」(法律時報 2019年7月号)

「アメリカにおける死刑制度の調査報告(パート2)日本の死刑制度の未来を考える(地球的視野の下での日本における死刑の公正と適正手続:2014年アジア犯罪学会(大阪)の死刑セッション報告)」(龍谷法学47(4):2015.3 p.825-831)

「Research Report on the Death Penalty in the USA(Part 2)Thinking about the Future of the Death Penalty in Japan (Special Topics : Fairness and Due Process in Japan’s Death Penalty : Global Perspectives)」(龍谷大学矯正・保護総合センター研究年報 = Ryukoku Corrections and Rehabilitation Center journal / 龍谷大学矯正・保護総合センター 編 (4):2014 p.54-58)